山林について相談を常時受付中!

現在、さまざまな森林整備事業を行い、山林に適した補助事業に取り組んでいます。

山林を今後どうしていいのかわからない!
山林を手放したい!

など、山林についての相談を常時受け付けております。

山林について相談を常時受付中!

森林所有者の皆様へ

森林経営計画とは

森林経営計画とは、対象の山林所有者様に声かけをして森林を集約化し、間伐・森林作業道開設等、適切な林業施業を行う5年間の計画です。

集約化し、一体的に進めることにより施業のコストダウンを図り、山林所有者様の負担を軽減しつつ森林の保護を行うことができます。

この計画に基づいた施業を通して、森林の持つ多様な機能を十分に発揮させる『適切な森林づくり』を進めています。

会社ギャラリー

森林経営計画加入のメリット

・計画的な森林整備により、間伐等の作業を行なう場合は補助を受けることができます。

・面的まとまりでの森林整備及び路網整備の実施が可能となり、効率よく施業を行うことにより、生産コストを下げて林業所得の向上を図ることができます。

 

大きな面的まとまりをもった計画で、効率の良い森林整備を行なうには、多くの山林所有者の方のご理解・ご協力が必要となります。

森林経営計画作成のメリット

森林経営計画策定・森林施業までの流れ

団地(林班)の設定

次へ

森林経営計画の作成のための森林情報取得同意書 および 森づくり協定書 の締結

対象団地(林班)の山林所有者様に森林経営計画加入に関する書類を送付いたしますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

※経営計画の面積要件である「林班の2分の1以上」の確保が困難な場合は、森林経営計画を樹立できない場合もあります。

次へ

森林経営計画の作成・認定

※5年間の計画

次へ

森林施業計画書(見積書)

次へ

森林施業の実施(間伐作業等)

森林施業計画書(見積書)に同意していただいた山林所有者様より、森林施業(間伐作業等)を実施いたします。

次へ

森林施業報告書・ご精算(補助金の交付後)

森づくり協定書

「森づくり協定書」とは?

当社と山林所有者様との間で、管理委託契約を結び、森林管理・森林整備の取り決めを記載した書類です。
各、造林補助事業を行う上で補助金申請に必要な書類になります。

「森づくり協定書」とは?

管理委託を行うと?

施業地を集約する事で施業の低コスト化を実現できる。
各、造林補助事業を行うことができる。

管理委託を行うと?

森林整備の条件は?

集約化ができた場所および樹齢・樹種が補助要件を満たす山林が対象となります。

森林整備の条件は?

「森づくり協定書」に関して当社が約束する事

森づくり協定書に同意したからといって、無断で施業(木材の伐採・森林作業道開設等)は行いません。森林施業計画(見積書)を作成して承諾後に施業します。
取得した個人情報は森林整備以外の目的で使用しません。
山林に適切な森林施業の提案を行います。

「森づくり協定書」に関して組合が約束する事

高性能林業機械の充実

高性能林業機械を積極的に導入し、施業を効率化。

素材生産の増加とコスト削減を図ります。

さらに、人力による作業が大幅に減少する為、危険を伴う作業が減少。

労働災害の防止対策にも繋がります。

高性能林業機械の充実

プロセッサー(造材)

56_R

グラップル(集材)

56_R

フォワーダ(運搬)

56_R